Yoshiki Yamada

Electric/Acoustic Bassist, Composer

Yoshiki Yamada was born and raised in Nagoya, Japan. He studied piano and electronic organ at an early age with his mother, a popular local piano instructor. When he was in elementary school, he performed the electronic organ for many regional music events.

At age 14, Yoshiki started to play the electric bass. He studied techniques of the bass by himself during his junior high school days. Also he participated in several choral competitions for piano.

In 2006, Yoshiki accepted his scholarships and moved to Boston, MA to study jazz and composition at Berklee College of Music. Here, he met and collaborated with many influential professors and highly acclaimed musicians such as Hal Crook, Matthew Garrison, Greg Hopkins, George Garzone and Joe Lovano.

Now Yoshiki performs regularly with several internationally acclaimed bands and independent musicians such as, Noah MacNeil, The Blue Dahlia, MCL Quartet, Kiyotaka “Ki-yo” Kurihara, Shu Odamura, Victor Baker, Yaz Band and many others.

山田吉輝(やまだよしき) ウッドベース&エレクトリックベース奏者、作曲家。 1984年生まれ。NYブルックリン在住。 2008年にバークリー音楽大学ジャズ作曲科を卒業、その後2010年にニューヨーク に活動拠点を移し、現在もアメリカ東海岸を中心に活動中。 2012年、イギリス人ドラマーChristian Moranのリーダーアルバム『Modern Rhythmic Usage』のレコーディングに参加し、パーカッション奏者Jamey Haddad (Paul Simonなど)、Richard Stoltzman(チェロ奏者Yo-Yo Maとの共作でグラミー賞 を受賞)らと共演する。

2016年、ワールドミュージックバンド『The Blue Dahlia』のメンバーとしてBlue Note New Yorkへ出演。同バンドのレコーディングやツアーにも参加している。 ジャズ以外でも、ニューヨーク州都市交通局(MTA)のプログラムである『ミュー ジック・アンダー・ニューヨーク(MUNY)』の正式メンバーであるR&Bバンド 『Yaz Band』への参加や、シンガーソングライター清貴のサポートなど活動は多 岐に渡る。 また、定期的に日本に一時帰国して演奏しており、寺久保エレナ(as)(2010年 North Birdツアーに参加)や、大林武司(p)(2009年横浜Jazz Promenadeコンペティシ ョン、2012年冬ツアーに参加) 、そして吉田孟(gt)と桃井裕範(dr)と共にニューヨ ークで結成したギタートリオ『CuE』でも2013年と2014年に日本ツアーを行って いる。